TOEIC初心者がやるべきたった一つのこと!【英語に慣れる】

「TOEIC初心者だけど、何をすればいいかわからない」

「英語読むの大変すぎ、もうやめようかな」

こんにちは!くりです。

TOEICの勉強って、本当に大変

本当に初学者の方なら、何が正しいかわからない状態なのかなと。

ぼくもTOEIC295点をとった時は、

くりたび

くりたび

え、もう何すればいいのか分からない、よし、やめよう…。

と、挫折しました。笑

そこで!過去のぼくのような方に向けて、TOEIC初心者がやるべきことをご紹介します。

結論:英語に慣れよう。

ここらへんを、詳しく書いていきます!

※筆者はTOEIC295→705点にした経験があります。この背景をもとに、「TOEIC初心者がやるべきたった一つのこと!【英語に慣れる】」を書いていきます。

TOEIC初心者がやるべきこと

ぼくが英語学習に手こずりまくって、その過程で得た結論です。

TOEIC初心者は、「英語に慣れる」ことを軸として考えるといい感じ!

ぼくはTOEIC295点をとって、めちゃくちゃ悩んでいました。

くりたび

くりたび

え、とりあえず、どうすればいいんだ?

もう何をすればいいかも分からなかったんです。

そこで、ネットで見つけた沢山の勉強法を実践してみました。

ほぼ失敗に終わったのですが、ひとつだけハマったものがありました。

それが、1000回音読(只管朗読)です。

ぼくは、英語の参考書一冊を1000回音読しました

かなり時間はかかりましたが(1~2年間)、705点まで上げることができました。

そこでわかったことは、英語は慣れです。

というか、言語が慣れだと思います。

産まれたばかりの赤ちゃんは、一切日本語を話すことができません。

しかし、両親の言葉を真似したり、学校に通ったりと、日本語を聞きまくり、話しまくりで話せるようになっていきます。

なので英語ができない人は、赤ちゃんと同じで、ただ英語に慣れていないだけ

たくさんの英語を聞いて、拙くても話せば、英語が得意になっていくのかと。

英語が苦手なのは、地頭がないのではなく、テクニックを知らないのではなく、英語に触れる時間が少ないだけでした!

これに気づいたぼくは、淡々と努力するように

すると、700点台まで持っていくことができました。

これからも英語に触れまくって、900点を目指します!

英語に慣れるためにやるべきこと

「英語に慣れるためには、何をすればいいの?」

と思う方に、具体的な方法をご紹介します。

1.1000回音読

まずは、1000回音読です。

只管朗読1000回音読

単純に英語の参考書を1000回音読します!

小さな疑問は解決せずに、淡々と音読するのが挫折しないコツ。

とーっても時間がかかりますが、英語力が底上げされます。

英語に慣れるなら、1000回音読はまじでおすすめです。

関連記事:只管朗読をした結果!【やり方、継続するコツなどまとめ】

2.アプリで英語学習

次は、アプリで学習です。

メインは1000回音読で、すきま時間にアプリで英語を学びます。

有名なのは、スタディサプリやmikanがありますね。

3.公式問題集を何十回も解く

あとは、公式問題集を解くことです。

TOEIC公式問題集

公式問題集を軽視する方が意外と居ますが、TOEIC公式が作っているのものなので、やらない手はないですね。

ぼくはTEST1を、30回ほど解きました!

同じ問題を30回も解くと、いやでもTOEICに慣れますし、英語慣れもできます。

10回を超すと、全問正解しかしないので、精神的ダメージをくらうこともなし。笑

英語とTOEIC、同時に慣れちゃいましょう。

関連記事:TOEIC公式問題集の使い方をご紹介します!【やさしい勉強法】

TOEIC初心者がやるべきことまとめ

この記事は、「TOEIC初心者がやるべきたった一つのこと!【英語に慣れる】」を書きました。

やるべきなのは、英語になれる、しいては沢山の英語に触れよう、って感じです。

ぼくも毎日音読したり、すきま時間でアプリ学習をしようと思います!

くりたび

くりたび

良いTOEICライフを!

以上、「くりたび」でした。

くり

くり

英語知識ゼロから、TOEIC700点を取りました。

英語初学者の方に寄り添うようなブログを作ります。

このブログのコンセプト↓
「TOEICをはじめからていねいに」

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です