TOEICにテクニックなんて無いです。【普通に勉強しよう】

「TOEICやばいぞ…、次には500点を取らないといけないのに」

「ラクに点数が上がるテクニックが知りたい!」

こんにちは!くりです。

TOEICを受けるとしたら、知りたいのが使えるテクニック

英語が苦手だったぼくは、

くりたび

くりたび

前回300点台だったな…、また明日TOEICだけどそんな勉強しない、、点数の上がるテクニックで調べよ

と思っていました。

しかし!よくよく考えてみると、TOEICにテクニックなんて存在しませんでした。

結論:普通に勉強しよう。

くわしく書いていきます!

※筆者はTOEIC295→705点にした経験があります。この背景をもとに、「TOEICにテクニックなんて無いです。【普通に勉強しよう】」を書いていきます。

TOEICにテクニックなんて無い

1.勉強していないほど、テクニックを求める

大学2年の春、ぼくは絶望していました。

くりたび

くりたび

あんなに勉強したのに、TOEIC365点だった…。

長い春休みを利用して、一日6時間位勉強していました。そして満を持して受けてTOEICは、365点という結果に。

次回のTOEICも予約しているにも関わらず、その点数に絶望して、全く勉強しませんでした。

そしてTOEIC受験の3日前、スマホの検索窓に、

「TOEIC テクニック」

を打ち込むぼくの姿が。←

”TOEIC900点の私が教える、マル秘テクニック!”

みたいな記事を読んで、ふむふむと納得。

そして、受けたTOEICは、無事爆死しましたとさ。(おしまい)

2.TOEICの点数は、勉強時間に直結している

TOEIC700点という、英語を理解していそうで、そんなにできてない点数で語るのは、大変おこがましいのですが、

TOEICの点数は、勉強時間に直結している

と思います。

わかりやすく、日本語で例えてみます。

生まれてきた赤ちゃんは、日本人の親に話しかけられて、日本語を学んでいきます。

小学生、中学生と、学校やテレビ、本など、日本語に囲まれて、新しい語彙を吸収。

そして、大学生になると、一定のレベルの日本語は話せるように。

そこから、大人になって、本を読んでいるかいないかで、使える語彙が増えたり減ったり。

↑これを考えると、日本語に触れている時間ほど成長しているように思います。

同じように、英語も触れている時間ほど学べるのかなと。

ぼくが一冊の参考書を1000回音読して、約400点UPしました。

ほぼ頭空っぽのまま音読していて、それでも点数を上げることができたのは、

英語に慣れた

からだと思います。

3.TOEICのテクニックなんて使いこなせない

今、「TOEIC テクニック」で検索してみました。

記事を読んでみると、難しい方法がたくさん載っています。

まず思ったのは、

こんなこと考えながら、本番できるの?

ということ。

TOEICは、問題数に対して時間がかなり短いです。

990点保持者でも、最後まで解くのに10分も残らないそう。

それくらい大変なテスト本番中に、そんなテクニックを思い出しながら、解けるのでしょうか。

あとテクニックで必ず書かれている、時間配分も気にしなくていいと思います。

part5は10分で解いたほうが、良いらしいです。

くりたび

くりたび

まじか、高速だな…。

と思って本番を迎えましたが、実際かかったのは20分

「やべえ、めちゃ時間かかってる!」

と焦りながら、テストを進めて、結果は700点を超えてました。

なので英語初学者の方なら、別に気にしなくてもいい感じ!

4.テクニックで数十点UP、勉強すれば数百点UP

ぼくの経験では、こうでした。↓

  • テクニックを使った:30点UP
  • ふつうに地道に勉強した:400点UP

目先のにんじんより、遠くのステーキです。

淡々と、地道に勉強するしか無いんですね。

ぼくは今でも、毎日3時間は勉強しています。

次は800点を超すといいな。

TOEICテクニックまとめ

この記事は、「TOEICにテクニックなんて無いです。【普通に勉強しよう】」を書きました。

ぼくは気が狂うほど音読をして、300点未満から700点まで上げました。

それをテクニック云々で越されたら、この世界はイカれています笑。

とにかく、がんばりましょう!

くりたび

くりたび

いいTOEICライフを!

以上、「くりたび」でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。