【英語が全くできない】TOEICゼロからの独学勉強方法

「英語の知識がまったくないんだけど、TOEICの点数がひつよう!」

「どうやって勉強すれば、英語が読めるんだろう?」

こんにちは!くりです。

英語ができない人は、本当に英文が読めないと思います。

くりたび

くりたび

すごく気持ちが分かります…。

ぼくは中高一貫校に甘えて、全く勉強しませんでした。

高3の春には、こんな状態だったんです。↓

  • たまに動詞の後に s がつくはなんで?
  • had come って動詞2つ続いていいの?
  • このオザー(other)って何?

つまり、英語のきその基礎から分からなかったんです!

そのため高校留年しかけて、テストでは学年最下位をなんども何度も。友人からは、「あ~、〇〇がいるおかげで学年最下位は回避できるわ~w」ととんでもない悪口を言われたこともあります。笑

しかし!勉強をしまくったおかげで、そこそこ英語が読めるようになりました。

そこで過去のぼくのような方を救うべく、英語知識0からの勉強法をまとめました。

よくネットで見かける、

本当に英語が苦手だったんです…、はじめて受けたTOEICは500点でした!

みたいな、読者に寄り添うつもりで急に突き放すパターンではなく笑、マークシートは塗り絵の状態から参考にできる勉強法にしたつもりです!

まず正しい勉強法(参考書ルート)をご紹介して、そのあとに英語ができない方へのアドバイスをまとめました。

※筆者はTOEIC295→705点にした経験があります。この背景をもとに、「【英語が全くできない】TOEICゼロからの独学勉強方法」を書いていきます。

TOEICゼロから学ぶ勉強方法(参考書ルート)

ここからはおすすめの参考書を使って、英語知識ゼロからの脱却ルートを書いていきます。

ぼくの経験を参考にして、最短ルートを作りました!

1.大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 

まずは、大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 を読みましょう!

この参考書には、本当に救われました。

ぼくが高校3年生の春、英語がまったく読めなかったんです。

そこでネットや塾で勧められたのは、ネクステやフォレスト。

あんなわかりにくい分厚い参考書を渡され、まじで英語が嫌いになりました。笑

関連記事:【ほぼ独学】ぼくの英語勉強体験記!【学年最下位→TOEIC700点】

しかし!悩みまくっていた時に出会ったのは、大岩先生の参考書です。

この本は、英文の中身を色で分けていたり、可愛らしい絵でサポートしてくれたりと、英語が嫌いでも取り組みやすかったです。

英語初学者のぼくにぴったりで、英語を0→1にできました。

この参考書に出会ってなかったら…考えただけでゾッとします

この一冊で、英語の勉強を始めるための勉強ができます。

英語が全くわからない人は、この本を高速で買ってください。ほんと人生変わります。

2.中学英単語FORMUAL1400

次は、中学英単語を覚えます!

単語帳は何でもいいですが、中学英単語FORMUAL1400はシンプルで使いやすかったです。

もし「英単語の覚え方が分からない…」と言う方は、百式英単語をおすすめします。

百式英単語には、本の半分を使って英単語の覚え方を解説してくれています。

ぼくも英単語の覚え方に迷いが合ったので、英単語帳に書いてあるのは、かなり信用できました。

つまり百式英単語の英語の覚え方を使って、中学英単語FORMUAL1400を覚えます。

TOEIC用の英単語帳のルートはこんな感じ。

  1. 中学英単語FORMUAL1400(0~300点)
  2. 百式英単語(300~700点)

あとは、英語長文から知らない単語を拾って覚えればオッケーです。

3.英語長文レベル別問題集 1超基礎編

最後は英語長文です。

英語長文レベル別問題集 1超基礎編を使います。

使い方はこちら↓

  1. ノートに日本語訳を書く
  2. 訳があっているか確認
  3. CDを聞きながら1000回音読

一冊1000回音読をしてください

1000回音読(只管朗読)は、英語のすべての力をパワーアップしてくれます。

詳しくは、只管朗読をした結果!【やり方、継続するコツなどまとめ】で解説しています。

10年くらい英語を勉強して、ようやくわかったのですが、英語は音です。

口からでて、音として消えていきます。

なので音読しまくって、口や頭を慣らすしか無いんです。

ぼくは大学生の時1000回音読に出会いましたが、高校生の頃からやっていたら、英語は最強だったと思います笑。そんな例えに意味はないんですけどね。

ぼくは違う教材で只管朗読をしましたが、英語長文レベル別問題集 2にある一つの長文を、シャドーイングで1000回音読しました。

すると、簡単な英語はサラッと読めるようになりましたし、発音もばりばり良くなりました。

英語初学者ほど、英文を音読しまくってください。

弱者が強者に勝つ一番の戦略は、地道な努力です。

関連記事:TOEIC勉強法で、いちばん大切なことはこちら!【英語初心者】

英語が全くできない人に伝えたいアドバイス

英語が全くできなかったぼくから、英語が全くできない方へのメッセージをまとめました。

1.ラクに英語ができることはない

書店の英語コーナーを見ると、

「たった2週間でTOEIC300点アップ!」
「毎日5分で英語が話せるようになるラクラク勉強法」

など甘い言葉で誘惑する参考書であふれています。

ぼくはこれらの参考書すべて滅んでほしいな~と思っています。笑

英語、簡単にできるようになりませんよ。

できない人は、できる人の努力を想像できないから、それ相応の努力をしないのです。

だいたいたった2週間でTOEIC300点アップされたら、ぼくの今までのがんばりが意味不明です。涙目で英文を音読していた日々はなんだったのか。

しかしそこまで神様は不公平ではないので、ちゃんと勉強した人にだけ結果をもたらしてくれます。

つまり英語が全くできない方がスコアアップするには、かなりの努力が必要。これをまずはじめに理解していただきたいです。

※ちゃんと英語を勉強してきた人がTOEIC用の学習に切り替えると、すぐに点数があがる可能性はあります。

2.今までの勉強法はすべて忘れよう

これは人によるかもですが、今までの勉強法はすべて忘れたほうがいいかと思います。

なぜなら、正しいことが求められ過ぎているから。

学校英語では、英文法の4択や、英語を訳したりして勉強していました。そこでつねに○×をつけられていて、”英語=正しい必要がある”と洗脳されています。

しかし言語に対して、正しさは必要かどうかもう一度考えていただきたいです。

日本語は単語のぶつ切り話しても一応通じますよね。英語も同じ。

なにが言いたいかというと、いきなり100点を求める必要はないこと。

とある英文に出くわした時、「あれ、この文法よくわからんな」と思ったらすぐに調べるのではなく、「まあいつかわかるだろw」と楽観視してくり返し音読すればオッケー。

※「全然わからん」はNG、易しい参考書に変えましょう。

正解を求め続けたら、ストレスがたまり、いずれ挫折します。

なので「まあいつかわかるだろw」精神で、毎日繰り返してほしいです。

※ぼく的に勉強にはストレスを減らすことが重要だと思っています。今では考える手間をなくすために毎日同じものを食べたり、食洗機を導入したり。それで最近とある国家試験の1次を突破することができました。

3.まだ公式問題集には手を出さなくていい

TOEIC公式問題集

これも人によりますが、公式問題集にはまだ手を出さない方が良いと思います。

TOEICって超ムズだと思うんですよね。

ネットで「TOEICは簡単」と見かけますが、あれは「(英語ができる人にとってTOEFLなどと比較すると)TOEICは簡単」という意味なので注意しましょう。

あと問題数多すぎなので、一回解くだけでもかなり疲れます。

英語がある程度できる人でも大変なものなので、初心者は使わないほうがいいかなと。

無理して解いて点数に絶望したら、再起不能になるかも。

それなら薄くて簡単な参考書を解いたり音読したほうが良い。ぼくもTOEIC公式問題集を使いこなせたのは、600点を超えてからだと思います。

※英語初心者に”公式問題集だけやる”ことを勧める人も多いですが、たぶん普通の人はムリかなと。吸収力が半端なかったり、追い詰められていたらできるかもですが、おすすめはしません。

まとめ

この記事は、「【英語が全くできない】TOEICゼロからの独学勉強方法」を書きました。

ぼくは英語知識ゼロだった時に、読みたかった記事を書きました笑。

英語は音読すればするほど伸びます。

基礎知識をぱぱっと身につけて、気が狂うほど音読してください。

くりたび

くりたび

良いTOEICライフを!

以上、「くりたび」でした。

※この勉強ルートを終えたら、こちらに進んでください。↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。